ワードプレスの管理画面からhtaccessファイルを扱える「Htaccess Editor」プラグイン

WP Htaccess Editor プラグイン

サイトのSSL化やwww有り無しのリダイレクトで、htaccessファイルを扱う事があると思いますが、htaccessファイルを直接いじってFTPツールを使ってアップする方法は少し手間がかかるし、ファイルの記述を間違ったときのリカバリーも大変です。
そんなhtaccessファイルをワードプレスのプラグインで変更する方法があるので紹介します。

スポンサーリンク

WP Htaccess Editorのインストール

まずは、プラグインのインストールです。
プラグインの新規追加画面に移動して、「Htaccess Editor」で検索をかけると、「Htaccess Editor – Safety Edit Htaccess File」というプラグインが検索されます。
Htaccess Editor
右上の「今すぐインストール」ボタンをクリックしてインストール→有効化まで行いましょう。
インストール後、インストール済みプラグインをクリックすると「WP Htaccess Editor」の名前でインストールされています。
プラグインのインストール確認
インストール自体はこれで完了です。
プラグイン名下の「Edit .htaccess file」をクリックすると設定画面に入りますが、最初に注意事項が書かれています。
Htaccess Editor使用時の注意事項

htaccessファイルの作成方法については以前、書いた記事があるのでそちらを参考にしてみて下さい

htaccessファイルのバックアップ機能も

このプラグインですが、htaccessファイルのバックアップも行っています。
トラブル等でファイルを元に戻したい時に1世代前のhtaccessファイルに戻すことが出来ます。
1世代前の設定に戻せます
「Restore Last Backup」のボタンをクリックすると戻すかどうかを聞いてきますので、表示に従って作業をして下さい。

まとめ

htaccessファイルは便利な機能ですが1つ設定を間違えるとサイトが正常に動かなくなる時があるので設定には注意して作業を行ってください。
その点、「Htaccess Editor」はバックアップ機能があるので、直接ファイルを編集するよりは安心感があると思います。
ワードプレスでhtaccessファイルを扱うときがあれば試してみて下さい。

コメント