ワードプレスサイトでSSL化した時の設定覚書

ワードプレスサイトのSSL化 カスタマイズ

ワードプレスサイトをSSL化する際に必要な設定の覚え書きです。
1つ1つ見れば簡単ですが、一連の流れでやっておかないと、SSL化したサイトと、非SSLサイトが混合してしまうので注意が必要です。
大きくはこれから説明する3つの設定をちゃんとやっておけば大丈夫です。

スポンサーリンク

レンタルサーバーでの設定

まずは使用しているレンタルサーバーでドメインのSSL設定を行います。
私は、X-serverとちかっぱレンタルサーバーの2つを使用しているのでそれぞれの設定方法を上げておきます。

X-server

  1. X-serverのアカウント管理画面から「サーバー管理」をクリックしてサーバー管理画面を開く。
  2. サーバーパネル管理画面からドメイン→SSL設定をクリック
  3. 使用しているドメイン一覧が表示されるので、SSL化するサイトのドメインをクリック
  4. 「SSL設定一覧」と、「独自SSL設定追加」タブがあるので、「独自SSL設定追加」をクリック
  5. サイト名を確認して「確認画面へ進む」のボタンをクリック
  6. 「追加する」のボタンをクリックで設定完了

※SSLが利用可能になるまで、最大1時間程度かかるようです。

ちかっぱレンタルサーバー

  1. サーバー管理画面から「セキュリティ」→「独自SSL証明書導入」をクリック
  2. 「無料独自SSLを設定する」のボタンをクリック
  3. ドメイン一覧が出てくるのでSSL化するサイトをクリックしてSSL化を行います。

基本的にはレンタルサーバー側が用意しているマニュアルや管理画面の指示する通りに進めていけば間違いないと思います。

ワードプレス管理画面の設定

ここからワードプレスの管理画面の設定になります。
管理画面の「設定」→「一般」を開きます。
「WordPress アドレス (URL)」の部分で正規のSSL化したURL(当サイトであれば、https://webdesign-mania.info/)を入れる。
必要であれば「サイトアドレス(url)」も変更を行います。
最後に「変更を保存」をクリックでワードプレスの設定は終わりです。

htaccessファイルの設定

レンタルサーバーの設定とワードプレス管理画面の設定は終わりましたが、今の状態では元々使用していたhttp://の方にアクセスがあるとサイト表示はhttp://のままで表示されます。
http;//からhttps://に自動で転送されるように、htaccessファイルに設定を追加します。

httpsに統一するコード

# httpsに統一
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

www有り無しが混合しているサイトをwww無しに統一するコード

こちらはSSL化する際に、同時にwww有り無しを統一することが多いので載せておきます。

# wwwなし に統一
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.(.*)$ [NC]
RewriteRule ^(.*)$ https://%1/$1 [R=301,L]

ワードプレスのhtaccessファイルを修正・追加する際の注意点を別記事で載せているのでこちらも参考にして下さい。

まとめ

作業的には3つの項目をやっておけばいいのですが、htaccessの設定やワードプレス側の設定はつい忘れがちです。
サーバー側の設定を行って終わりと思いがちなので作業の覚え書きとして見てもらえればと思います。

コメント