ワードプレスのhtaccessファイルを修正・変更する際の注意点

htaccessファイル変更時の注意点 カスタマイズ

ワードプレスのhtaccessファイルの修正・変更する際の注意点を上げてみました。
htaccessファイルを始めて変更する際に参考にしてみて下さい。
サイトのSSL化やwww有り無しの対応に必須の項目です。

スポンサーリンク

触ってはいけない部分

ワードプレスのhtaccessファイルには動的に変化する部分があるので、そこを変更しても上書きされて元に戻ってしまう可能性があります。
その部分とは、「# BEGIN WordPress」から「# END WordPress」で囲まれいている部分のコードになります。

※「# END WordPress」が記述されていないコードもあるようなのでその場合は、「# BEGIN WordPress」以降のコードが対象

実際のコードがこちらです。

# BEGIN WordPress
# `BEGIN WordPress` から `END WordPress` までのディレクティブ (行) は
# 動的に生成され、WordPress フィルターによってのみ修正が可能です。
# これらのマーカー間にあるディレクティブへのいかなる変更も上書きされてしまいます。

RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]

# END WordPress

なので、実際に追加のコードを追加する場合には、「# BEGIN WordPress」の前に記述するようにしてください。

変更前には必ずバックアップを取っておく

htaccessファイルの追加・修正を行う前に必ずバックアップを取るようにしてください。
変更後、サイトにアクセス出来なかったりすることが多々あります。
その際はファイルを元に戻すことで対応出来ます。
FTPでアクセス出来るのであればファイルを丸ごとバックアップ、もしくは変更前のコードをテキストファイルに保存しておいてもいいと思います。

まとめ

今回は、ワードプレスでhtaccessファイルの修正・変更を行う場合の注意点をピックアップしてみました。
内容は簡単な事ですが、忘れがちで、かつサ間違って設定するとサイトが動かなくなってしまったりする重要な事なので、参考にしてみて下さい。

コメント